ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品情報ポータブル発電機製品情報MGC2200G(MEGASEG)

MGC2200G(MEGASEG)(ガス燃料発電機)

MGC2200G(MEGASEG)

業界初の2.2kVAクラスの防音型LPG発電機。ポータブルガス発電機の先駆者として培った技術で、更なる利用価値を提供します。

特徴

プロパンガス燃料発電機

  • ボンベでの長期間保管が可能なので燃料の保管が楽です。
  • 燃料腐食による始動不良、運転不調がありません。
  • 10kgボンベとの組み合わせで、連続10時間以上の運転も可能です。

フルカバー防音タイプ

低騒音のため街中での使用が可能です(国土交通省指定97年規制 超低騒音型建設機械 準拠レベル)。

インバーター出力

正弦波による高品質出力で、パソコン等の電子機器も使用可能。電圧安定性、周波数安定性にも優れています。また、最大出力2.2kVAにより、より多様な電気機器が使用可能です(エアコン、自動販売機、水中ポンプ、投光器、各種電動工具、暖房機器、等)。

電子コントロールスロットル

出力負荷に応じてスロットルを電子制御するため、無駄な燃料の使用を極力抑えます。また、無負荷時には自動的にエンジン回転数を低速に制御し、燃料と共に騒音もセーブします。

高信頼性

信頼の三菱GB181型をガス燃料仕様として専用化。基本性能に優れた、高耐久性のエンジンです。三菱重工エンジンシステム名古屋市岩塚工場で製造を行い、主要な部品は多くがメイドインジャパンです。日本品質で、確かな信頼性をお届けします。

並列運転が可能(オプション)

オプションの並列運転キットを使用すると、2台繋げての運転が可能となり、最大出力4.4kWの高出力発電機になります。

アワーメーター対応

アワーメーター(運転時間積算計)を標準装備。レンタル用途等で使用時間が管理可能です。

排ガス規制対応

国内排ガス3次規制に対応しています。

キャスター付き

4輪キャスター付きなので移動が楽。

簡単な使い方(MGC2200G)

  1. ガスボンベのバルブを開きます。
    付属のレギュレータをボンベへ、ホース先端のソケットを発電機本体へ接続し、ボンベのバルブを開きます。
    【注意】
    各自治体により、ボンベとレギュレータ(ホース)の接続には資格が必要な場合があります。
    (資格要否は各自治体に御確認下さい)
  2. 発電機側のコックを『開』の位置にします。
    コック横向きが『開』です。
  3. 発電機のスイッチを『運転』の位置にします。
    スイッチ上側が『運転』です。
  4. チョークノブを引きます。
    外気温及び停止直後の温態時に関らず、始動時は必ずチョーク操作が必要です。
    【補足】
    低温時、始動が困難な場合チョークノブを全閉から少し戻して始動して下さい。(全閉から3-4mm前後で微調整)
  5. プライミングボタンを3秒程度押し続けます。
  6. リコイルスタータグリップを引き、発電機を始動させます。
    リコイルスタータグリップを軽く引き出します。リコイルスタータグリップが重くなった状態から勢いよく引きエンジンを始動させます。
    【補足】
    長時間未使用時や寒い時期等、完全にガスがエンジンに供給されるまで、10回程度リコイルスタータを引く場合が有ります。
  7. エンジンの回転調子をみながら、チョークノブを戻して開位置にします。
    チョークノブを完全に戻した状態(押し切った位置)が開位置。

主要諸元

主要諸元
 項目諸元
発電機形式多極回転界磁形交流インバーター発電機
電圧調整方式インバーター式
定格周波数(Hz)50/60切替式
定格出力交流(kVA)2.2 (100V × 22A)
直流(W)100 (12V × 8.3A)
コンセント数交流 22A×1 + 15A×2
エンジン名称/型式空冷4ストロークOHVガスエンジン/GB181
使用燃料プロパンガス(移動設置用)
連続運転時間(10kgボンベ使用時)20時間(注)(1/4負荷)~10時間(定格負荷)
始動方式リコイル式
その他寸法(全長×全幅×全高)(mm)547×490×618
乾燥質量(kg)56
付加機能電子コントロールスロットル、オイルセンサー
(注):エコノミースイッチON時。
ご使用の際は、必ず付属の専用レギュレーター(低圧)付ホースを使用してください。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 営業総括部 産業エンジングループ 03-5745-8893
メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
ページのトップへ戻る